東京で板金塗装をするときの基本的なこと

最初は業者に相談することからスタート

東京で自動車をぶつけてしまった場合には、板金塗業者に依頼する必要があります。板金業者を東京で見つけた場合には、いくつかのチェックポイントがあります。まず金額に関してです。決して修理自体は安いものではないため、よくチェックしておくことが必要でしょう。同じような業者なのに、金額が2倍位違うケースも少なくありません。もちろんその場合にも、何らかの根拠があってそれだけの金額の違いがあることも多いですが、根拠がないこともあります。後は、その会社の実績などを見てみましょう。よく会社がブログやホームページなどを所有しており、そこで作業内容等を紹介していることがあります。もしそのように作業内容をしっかり紹介していたとすれば、安心して任せることができるでしょう。

どのような流れになっているか知る

東京で板金塗装依頼する場合の流れを見ていくと、まず業者を選んだ後は申し込みをすることからスタートします。大抵の場合、契約をする前の段階で見積もりを行うはずです。その見積もり料金が納得できるならば、そのまま依頼しましょう。修理をする場合は、1日で終わる事はありません。多くの場合、3日から1週間位かかると考えてよいでしょう。この間自動車は預けっぱなしになるため、代車を借りることになります。事前にその手続きも済ませておくことが必要です。時期によっては、なかなか自動車を借りることができないケースもあるため、早い段階で申し込みをするか、修理をする日付を先延ばしするのが良いでしょう。

工場での作業内容の基本を理解しよう

東京で板金塗装をするときの作業内容ですが、基本的にまずキズをチェックします。チェックしたときに、交換するかどうかを事前に決めているはずです。そうしなければ見積もりを出すことができないからです。もし交換する場合には、交換する部分と修復する部分に分けて修復する部分だけに集中して作業を行うことになるでしょう。修復に関しては、へこみ等が考えられるため、後から専用のハンマーで叩きます。そうすると、凹みがなくなることがわかるでしょう。ただこの場合、均一にやらないことがほとんどです。そのため、凹みが直ったとしても平らになるように調整していかなければいけません。平らになった場合は、その後塗装をしていきます。塗装する場合も、均一に塗料をかけることが必要です。通常エアーブラシなどで見る事はなく、専用の道具を使って噴射します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です