東京で板金加工を依頼する場合に理解しておきたいこと

そもそもどのような部分を加工するのか

自動車をぶつけた場合や人にぶつけられた場合などは、すぐ自動車は変形してしまいます。変形した自動車でも走らせることができますが、日本では凹んだ自動車はみっともないと言う恥の文化が深く浸透しているわけです。このような日本社会では、ぶつけた車ぶつけられた車は、すぐに修理をした方が良いと言うことになります。この場合には、自力で修理をするのは難しいでしょう。そこで、板金塗装業者に依頼をすることで修理は完了するでしょう。この場合、単に色塗り替えたりあるいは凹みを直すだけでなく加工しなければならないパターンもあります。例えば大きく凹んだ場合でパーツを交換するのではなくそのまま修理をしたい場合は、後からトンカチで叩きますが、それでもうまくできない場合もあります。おかしな方向に力が働いている場合には、少し後から押したところで解決するものではありません。この場合には、板金加工をすることが重要です。これにより、元通りの形に戻すことが可能です。また、追加で鉄板などを入れるケースもあるかもしれません。そのような場合も、手を加えることが必要になるでしょう。

料金もそれなりにかかることを理解しておこう

東京の板金塗装業者で修理をする場合には、当然費用はかかります。一般的には、細かな傷を修理するだけでも2万円から30000円ぐらいはかかるでしょう。これは、凹みを直すのに技術が必要な事と塗装をする時にもやはり技術が必要だからです。それも、わずか1時間程度で終わらせるのではなく、数時間の時間がかかることを理解しておきましょう。もし東京の業者で加工しなければならない場合には、さらに技術費用がかかることを知っておきましょう。どの程度手間がかかるかによっても異なりますが、30000円から50000円位は追加になる可能性もあります。

全部取り替えた方が良いこともある

自動車のぶつけ方にもよりますが、大きくへこんでいる場合などは細かい技術で手を加えるよりも、交換してしまった方が良いこともあるでしょう。東京の業者でも、時間をかけて高いお金を支払ってもらうよりは、パーツを交換してしまった方が良いと提案するところがあります。顧客としても、結果的にそのほうが安く仕上がるからです。ただし、ドアなどが歪んでいる場合には交換するだけで200000円位かかることがあります。安い業者にお願いをすれば中古のドアなどを手に入れてくれるケースもありますが、それでも120000円ぐらいはかかると考えた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です